秋やさい、始めました!

2012.11.1

バックナンバーを見る

んにちは! ベランダ菜園サイト編集部です。
これまでの"春の野菜"、"夏の野菜"に加え、今月から"秋の野菜"が仲間入りしました!

今回仲間入りした品目のラインナップは……

・ホウレンソウ
・コマツナ
・シュンギク
・ラディッシュ
・茎ブロッコリー(スティックセニョール)
どれも手順が簡単で、初心者でも安心の野菜が盛りだくさん。早いものは約1ヶ月後から収穫ができます。 収穫後は、緑黄色野菜中心のサラダを楽しんでもよいですし、またサイト内のレシピページでは、秋の野菜を使った料理も紹介していますので、ぜひ試してみて下さい!

ここでもうちょっと、今回の野菜をくわしく説明しますね♪

☆ホウレンソウ(初級)
収穫までの期間が1ヶ月~1ヶ月半と短いホウレンソウは、菜園初心者にもおすすめ。ビタミンが豊富で、色々な料理に大活躍の野菜です。

☆コマツナ(初級)
こちらも初心者におすすめ。暑さにも寒さにも強いのが、菜園ビギナーにはうれしい特性です。真冬を除けば、ほぼ1年中栽培できます。ですから、気温差が大きいこの時期でも強くたくましく育ってくれるんですね。

☆シュンギク(初級)
香りが特徴的なシュンギクは、育てている間も良い匂いがしてきます。せっかくベランダで育てたんだから、香り豊かなサラダを楽しみたいですね♪ レシピページでは、ご飯と合わせたおいしい料理もご紹介しているので、ぜひご覧下さい。菜園初心者の方にもおすすめの品目です。

☆ラディッシュ(初級)
見た目もかわいらしいラディッシュは、育てていくうちに、土の間から次第に赤くて丸い根が顔を出してきます。毎日の水やりが楽しくなりそう♪ 種まきから収穫まで約30日前後と、栽培期間が短いのもうれしい特徴です。

☆茎ブロッコリー(スティックセニョール)(中級)
茎ブロッコリー(スティックセニョール)は、その名のとおり茎の部分が長~く伸びた、ベランダで菜園しやすいブロッコリーです。この品目は、最初に出た芽を摘む『摘芯』という作業や、『追肥』をしなければならないなど、やや手順が多いので、中級者レベルに分類しました。でも、このサイトで動画を見ながらしっかり手順を確認すれば大丈夫! 作業時期を忘れてしまいそう……という人は、植えたときにvegetable indexページの下にある「栽培おたすけメール」にアドレスを入力すれば、作業が必要なタイミングにアラートメールが届くサービスも提供しています。この「栽培おたすけメール」サービスは、収穫まで完全フォローしているので、ぜひご活用ください!

じつは編集部でも早速、秋の野菜を育てることにしました。品目は、コマツナと茎ブロッコリー。いきなり中級の野菜にも挑戦ということで、ちょっとドキドキです。
コマツナの種を銀色のバケツプランターにまいた後、茎ブロッコリーの種を袋から出すと……青くピカピカと光っていて、ビックリ! ベランダ菜園をしていると、今まで知らなかった小さな発見がたくさんあって楽しいですね。

ちなみに今、編集部のベランダですくすくと育っているのは……
ミニダイコン:根のあたりが少しぷっくりとして、葉が生い茂ってきました。
ベビーキャロット:もうすぐ間引きです。
ローズマリー:毎朝水やりをするたび、いい香りがしています。
バジル:かわいい花が咲いたあと、少し枯れ気味に……。まだ元気な葉を1枚取り出して、再生できるかどうか、水に浸けています。
コマツナ:少し種をまきすぎたようです(汗)。次回の間引きのときに、調整予定です。
茎ブロッコリー:種をまきました。

食欲の秋、ベランダで育つ旬のおいしい野菜を、一緒に楽しみましょう♪