vegetable index秋の野菜

ミツバ

免疫力を高める効果があるとされ、鉄分とベータカロテンを豊富に含む、とても栄養価の高い野菜です。ほかにもビタミンA、B群、Cもバランスよく含まれていて、これらはのどの粘膜を丈夫にして細菌感染を防ぐ働きがあるので、風邪の予防にもぴったり。

つづきをよむ

準備はこちら!

  • 難易度|初
  • 植えどき|3〜5、9~10月
  • スタート|種
  • 食べどき|4~6、10~12月
  • うえつけ
  • まびき・ついひ
  • しゅうかく

  • この野菜を使ったレシピを見る
  • 栽培おたすけメール
  • 1栄養価が高く、春から秋までの期間、真夏を除けばいつでも作ることができる。支柱などの棒を使い、10~15cm間隔、深さ1cm程度のまき溝を2本作る。
  • 21cmに1つくらい種が入るように間隔をあけてていねいに種をまく。
  • 3まき溝の両側から土を寄せて種の上に土をかぶせる。
  • 1播種から約10日後、3cm程度に1本になるように間引きを行う。
  • 2間引いたら、まわりから土を寄せてしっかりと立てる。
  • 1播種から約35~40日後、手で抜くかハサミを使って収穫する。

免疫力を高める効果があるとされ、鉄分とベータカロテンを豊富に含む、とても栄養価の高い野菜です。

ほかにもビタミンA、B群、Cもバランスよく含まれていて、これらはのどの粘膜を丈夫にして細菌感染を防ぐ働きがあるので、風邪の予防にもぴったり。

また、冬の露地でとれたホウレンソウは、夏のものに比べ栄養価が高く、甘さも増しているので、まさに冬に積極的に食べたい野菜ですね。