vegetable index秋の野菜

ミツバ

ブロッコリーと、その仲間である中国野菜のカイランをかけ合わせたもので、スティックセニョールとも呼ばれます。 長い茎はやわらかく、甘さがあります。ちょうど、アスパラガスに似た味わいというと、わかりやすいかもしれませんね。

つづきをよむ

準備はこちら!

  • 難易度|中
  • 植えどき|3~4、9~10月
  • スタート|苗
  • 食べどき|5~6、11~12月
  • うえつけ
  • ついひ
  • てきしん
  • しゅうかく

  • この野菜を使ったレシピを見る
  • 栽培おたすけメール
  • 1コンテナ菜園に向いている茎ブロッコリー(スティックセニョール)。プランターに2か所、30~40cmの間隔を開けて、苗のポットと同じかそれより大きいサイズの植え穴を掘る。
  • 2ポットを裏返しにして指で苗の葉を挟みながら抜き、植え穴に植える。
  • 3まわりから土を寄せ、軽く根元を押さえる。
  • 1植付けから約2週間後、化成肥料約15g(1つかみ半)を土全体にまく。
  • 1植付から約40日後、つぼみが500円玉くらいの大きさになったら摘芯する。
  • 1摘芯をしてからだいぶたち大きくなったころ、ハサミを使って収穫。

ブロッコリーと、その仲間である中国野菜のカイランをかけ合わせたもので、スティックセニョールとも呼ばれます。

長い茎はやわらかく、甘さがあります。ちょうど、アスパラガスに似た味わいというと、わかりやすいかもしれませんね。

栄養価も高く、カロテン、ビタミンB1・B2、カリウム、リン、食物繊維などの栄養素が豊富です。

またガン抑制効果があるとされるスルフォラファンが含まれていることも注目されており、アメリカの国立ガン研究所による「ガン予防が期待できる食べ物」でも上位にランクされています。

さらに、コラーゲンの合成が活性化されるビタミンCは、なんとレモンの約2倍。

そのため美肌効果や風邪予防効果が期待できるので、茎はぜひ長めに収穫して料理を楽しみたいところです。