vegetable index春の野菜

リーフレタス

レタスの仲間のうち結球しないリーフレタスでも、もっともポピュラーなのが今回映像でもご紹介しているサニーレタス。葉の端が縮れ、濃い紅色をしています。 結球する玉レタスに比べ、とくに多く含まれているのがβカロチン。活性酸素の働きを抑えるため、体の老化やガンを防ぐ効果があります。

つづきをよむ

準備はこちら!

  • 難易度|超初
  • 植えどき|3〜5,8~9月
  • スタート|苗
  • 食べどき|5~6,10~11月
  • うえつけ
  • まびき・ついひ
  • しゅうかく

  • 栽培おたすけメール
  • 1レタスの中でも玉にならないリーフレタスのうち、葉が赤くなるものをサニーレタスという。苗から育てれば、植え付けからおよそ1ヵ月で収穫できる。
  • 260~65cmくらいのプランターの場合、20~25cmの株間になるように苗を植える。
  • 3植えた後、葉を少し上げ気味にして、周りから土を寄せる。根元は軽く押さえて苗がぐらぐらしないようにする。
  • 1植え付けから約2週間後、下部の直径が約15cmになったら、プランター全体に追肥をする。
  • 2葉に乗った肥料は落として、肥料焼けを起こさないようにする。
  • 1植え付けから30~40日後、株の直径が約30cmになったら収穫。
  • 2外側の葉を押し上げて、包丁で全体を収穫する場合は白い乳液を拭き取るようにする。
  • 3摘み取りで収穫する場合は必要な分だけ外の葉から収穫し、長く栽培をしていく。

レタスの仲間のうち結球しないリーフレタスでも、もっともポピュラーなのが今回映像でもご紹介しているサニーレタス。葉の端が縮れ、濃い紅色をしています。

結球する玉レタスに比べ、とくに多く含まれているのがβカロチン。活性酸素の働きを抑えるため、体の老化やガンを防ぐ効果があります。また、ビタミンCやカリウムなども多く含み、美容効果やむくみ改善効果も期待できます。

金気を嫌い、包丁を使うとうまみが逃げてしまうので、調理するさいには手でちぎって使うのがコツです。