vegetable index春の野菜

ローズマリー

強い香りが特徴のローズマリー。 この特徴的な香りの主成分はカンファー、シネオール、ボルネオールなどの精油。これらは気分をリフレッシュさせ、頭を活性化させる働きがあるとか。 また、ハーブ類のなかでは群を抜く強い抗酸化作用をもっていることから、若返りのハーブともいわれています。

つづきをよむ

準備はこちら!

  • 難易度|初
  • 植えどき|3〜6月
  • スタート|苗
  • 食べどき|4〜10月
  • うえつけ
  • しゅうかく

  • この野菜を使ったレシピを見る
  • 栽培おたすけメール
  • 11つのプランターに、今回は2種類栽培
    立性……枝葉が大きく縦にスッと伸びるもの。
    這性……枝葉が地面に這うように伸びるもの。
  • 2プランターに2か所、30cmほどの間隔を空けて、苗のポットと同じサイズの植え穴を掘る。
  • 3苗のポットを裏返しにして指で挟みながら抜き、植え穴に植える。
  • 4周りから土を寄せ、軽く根元を押さえる。
  • 1草丈が約20cmほどの大きさになったら、いつでも収穫が可能
  • 2再収穫できるよう枝の下を残しながら、穂先から7~8cmのところをハサミで収穫
  • 1草丈が約20cm程の大きさになったら、いつでも収穫が可能
  • 2再収穫できるよう枝の下を残しながら、穂先から7、8cmのところをハサミで収穫
  • 1ダミーですトマトの栽培は難しいとされていますが、雨避けをするだけで無農薬でも病虫害がかなり抑えられると実感しました。軒下やビニールの屋根だけをつけて育てると、赤くて美味しい
  • 2収穫できますよ!ただ雨よけするのに日当たりが悪くなると、赤く色付くのに時間が掛かり、甘味も少なくなるので、日当たりを考慮して雨避けして下さいね。トマトの栽培は難しいとされていますが、無農薬でも病虫害が抑えられると実感しました。
  • 3ダミーですトマトの栽培は難しいとされていますが、雨避けをするだけで無農薬でも病虫害がかなり抑えられると実感しました。
  • 4ダミーですトマトの栽培は難しいとされていますが、雨避けをするだけで無農薬でも病虫害がかなり抑えられると実感しました。
  • 5ダミーですトマトの栽培は難しいとされていますが、雨避けをするだけで無農薬でも病虫害がかなり抑えられると実感しました。

強い香りが特徴のローズマリー。 この特徴的な香りの主成分はカンファー、シネオール、ボルネオールなどの精油。これらは気分をリフレッシュさせ、頭を活性化させる働きがあるとか。

また、ハーブ類のなかでは群を抜く強い抗酸化作用をもっていることから、若返りのハーブともいわれています。

よく肉や魚、野菜のロースとなどといっしょに出てくるローズマリーですが、これはローズマリーに殺菌・防腐作用があるから。 ただの香りづけかと思ったら、ちゃんと意味があるんですね。